唐突ですが質問です。

この記事を読んでいるパチンカー及びスロッターの皆さん、今月の収支、把握してますか?

ちなみに私はしてます。

今月どころかここ3年ほどの収支は全て記録をつけています。

これは記録をつけることで余剰、欠損の確認以外にも、立ち回りの無駄をなくしたり、ホールごとの傾向をつかんだりといい事尽くめだからです。

今回は、パチンコと月の負けについて記事を書いていきたいと思います。

 

月の負け額

さて、早速ですが皆さん、月にいくらパチンコに投資していますか?

私が調べたところによると、おおよそ5万~12万くらいが月の平均投資額であるとの集計結果が算出されました。

ここの金額に幅があるのは、単に世代収入の差であるとお考えください。

学生や新社会人のお金に余裕がない層でだいたい5~7万。

中年以降の独身の方がだいたい7~12万です。

こうして数字に表してみると5万でも多いと思いませんか?

5万あればどれだけのことが出来るでしょう。

欲しかったゲーム機とソフトが買える、家電が買える、趣味用品のあれこれが……。

そんなことはわかってるんです!

打ってる側は百も承知なんですよ!

もっと言うなら5万稼ぐのがどれだけ大変なことなかも、しっかりわかってます。

そもそも最初は5万も使う気はないんですよ。

1日1万と考えて、月に5回パチンコ屋に言って回収なしでもう5万です。

こうやって気がつかないうちに負けが嵩んで、気がついた時には口座の中身がスッカラカンになっているわけです。

ようは金銭感覚が麻痺していくんですよ。

千円をノートのページをちぎる感覚でサンドにぶっこむわけですから、仕方が無いことなのです。

なので大切なのは、今月自分がいくら使っているか把握し、自制することなのです。

 



パチンコで負ける月

パチンコを打っていてふと、こう思う月がありませんか。

「今月、ビックリするほど当たりが引けないな」

数年以上パチンコを打っている人は絶対に一度は思ったことがあると思います。

そして、一回そう思ってしまうと不思議な事に、本当に当たりがピタリとやみます。

しばらくの間は打てばハマり、当たれば4通単発の嵐。

回せば天井直前の謎あたり、からの初期ゲーム数かけぬけ。

正直、遠隔を疑うレベルの絶不調。

長年パチンコを打っているとそんな波を感じることがあるはずです。

では、そんなときはどうすればいいのでしょう。

一番手っ取り早いのは、一週間~一ヶ月パチンコを絶つことです。

そうすればお金を使うこともないですし、ホールの状況も多少変化します。

とはいえ、私のような半依存症の方は三日あけただけで打ちたくて仕方なくなるでしょう。

その場合はレートの低い1パチや5スロを回してください。

これはひたすら数をこなす事によって運気回復を図る、いわば荒療治です。また低レートとはいえ大きく勝つこともあり、その場合は一度換金し、4パチの甘デジなどで様子を見てみてください。

 

負けた月のストレス発散方法

負け負け負け、そして負け。

それはストレスも溜まるというものです。

本来はストレス発散のためにパチンコを打っているはずなのに、それでは本末転倒というもの。

ではでは、そのストレス発散のためのストレスはどこで発散すればいいのでしょう。

一番多かった意見は『レンタルショップで映画のDVDを借りる』でした。

その次が『銭湯』『風俗』など心身ともにリフレッシュできる施設の利用となっています。

また、私が個人的にお勧めしたいのは『カラオケ』です。

大声を出すという行為は、実はかなりのストレスの解消になるのです。

カラオケ屋に寄るお金がなければ、帰りの車の中でCDを流してセルフカラオケでも構いません。

試しに腹の奥から大きな声をだしてみてください。

音程なんか適当でいいんです。とにかく大声で、がむしゃらに歌うことだけを意識して歌ってみてください。

どうですか?

考えただけでもスッとしてきませんか?

 

負けた月の節約方法

負け続きで今月の生活費がヤバイ!

給料日までは半月以上ある一体どうすれば……!

お任せください。その悩み、答えましょう。

まず主食は麺ともやしです。

安売りの時にできるだけ買いこんでおいてください。ちなみに最優先はもやしです。

もやしは安くて、ボリュームがあり、調理の応用が利く、コスパのみを考えたら最強と言っていい野菜です。

麺類は余裕があったらで構いません。

知識があれば山に山菜をとりに、道具があれば海へ魚釣りに行ってください。

近くにパン屋があればパンのミミをもらってもいいかもしれないです。

食糧確保の後はひとまずのお金を作りましょう。

ゲームや漫画、CD、DVDを可能な限り中古ショップに売り払ってください。

特に最近は釣具などの趣味用品や電動工具などを高価買取してくれるお店が多いです。意外なものに高値がつくかも知れませんよ。

 

おわりに

パチンコはギャンブルです。勝つことがあれば負けることもある。

必然、負けが続く月もあるものです。

そして、そうなった時に大切なのは、きちんと引き際を見定めるための自制心です。

ムキになって投資を続けたところで負けが嵩むだけだと思うようにしましょう。

また収支表をつけることで、今月自分がどれだけの投資をしているのか、正確に把握することを心がけてください。

きちんとデータとしての数字を出すことで、より慎重な立ち回りにも繋がり、必然投資を抑える結果にもつながなります。

それでは今回はこのあたりで筆を置かせてもらいつつ、また次の記事でお会いできることを願います。

関連記事

いつまで、パチンコを続けるつもりですか?


パチンコ・パチスロは年々稼ぎにくくなっています。中規模のパチ屋はどんどんと潰れ、大手も経営に苦しんでいる状況です。さらに、カジノ法案が可決され日本にカジノが出来れば、パチンコは一気に衰退してしまうでしょう。


そうなる前に、次の稼ぎ方を身に着けておく必要があります。しかも、パチンコはかなりの重労働。


・朝から晩まで台の前に座って打ち続ける
・ときには、ご飯やトイレを我慢する
・タバコの煙や騒音にさらされ続ける
・データ収集に何時間もかかる
・いい台を探すため、何店舗も回る
・稼げたとしても月に数十万が限界



これだけの重労働をしても、思うように稼げないときもありますよね。

こんな状況から解放され、家にいながらローリスクで年収数千万以上を稼げるようになる方法があったら、知りたくないでしょうか?


私も過去6年間、パチンコ・パチスロにハマって、毎日、パチ屋に通っていました。開店3時間前から並び、閉店までいるなんてことは日常茶飯事でした。それでも、稼げた額は数十万で、ハイリスクの割には得られるリターンが少ない。


そんなことをいつまでも続けていられないと思って始めたのがインターネットを活用したビジネスでした。

パチンコに比べて、圧倒的ローリスク・ハイリターンですし、稼げる額は青天井。年収数千万、億以上を稼ぐ人たちも多く存在します。


私も月に30万以上を稼げるようになり、パチンコ・パチスロとは完全におさらば。安定的に稼げる仕組みを構築することができています。


あなたも数万、数十万と小さな額をハイリスクで稼ぐのではなく、数千万、億という金額をローリスクで手に入れましょう!まだライバルの少ない今がチャンスですので、即行動に移したほうが良いですよ!

→ 数千万、億という金額をローリスクで手に入れる!