皆さん、パチンコ勝ってますか?

私は今月、ひたすら負け続きです。

期待値は稼いでるはずなんですが、なかなか実収支が追いついてきてくれません。

特にパチンコに関しては論外でボーダークラスで打っていてもハマるハマる。

経験上、こんなときはどうあがいても無理です。この欠損の連鎖はひたすら続くのです。

そんなわけで今回は、パチンコで負けが続く時の対処についての記事を書きましたのでよろしければ最後までご覧ください。

 

負けが続いた時は低レート

初っ端から核心を突いて申し訳ないかぎりなのですが、恐らくは大多数のひとがこれなのではないでしょうか。

1パチ、2パチ、0.5パチ。

10スロ、5スロ。

ようするに低レートへ移行して収支度外視で好きな台をひたすら打つ。

とにかく打ち倒して運気の回復を待つ戦法です。

低レートで打つ場合、5千円もあればそこそこの時間遊べ、且つ、そこまで大火傷するような欠損をくらうことも無いので気楽に遊ぶことができるのが最大のメリットですね。

うまく行けば1万、2万勝ちも目指せるので、ある程度勝ったら一度換金して4パチ、20スロへ――というのがセオリーのようです。

1円、5円でそんなチマチマやってらんねえぜ!

という方は4円の甘デジを好まれる傾向にあるようです。

この甘デジ。大当たり確立が約99分の1となっており、通常の台よりかなり当たりやすくなっているのが特徴です。

また、最近は導入台数こそ少ないですが、ちょいパチというものも登場しています。

このちょいパチは大当たり確立が約30分の1と甘デジよりも更に軽く当たりやすい機種となっており、短時間、底資金勝負をする場合はぜひともこのちょいパチをお勧めいたします。

 



負け続きの神頼み

ここで登場。

皆さん大好きオカルト打ちです。

ですが、ここで紹介するオカルト打ちは一味違いますよ?

○○の倍数の回転を狙っていくとか、当たらないときは一旦ホールを散歩するとか、某ぺかるランプを撫でるとか、そんなのではありません。

マジの神頼みです。

まずは仏壇に線香をあげるところからはじめます。

その後、近所へランニングで邪念を脳からおいだします。

さっぱりと汗を流し、脳みそを空っぽにしたところで、帰りは神社によって帰ります。

小額でもいいのでお賽銭をいれ、落ち葉やほこりを払う程度の軽い掃除。最後におみくじを引きましょう。

ここで大吉、中吉などいい引きをみせればあなたの運気は上り調子です。
逆に凶、大凶などを引いてしまった場合は帰りに銭湯などで憑きと汗を落として帰りましょう。

恐らく、この時点で半数は「今日はパチンコはいいかな」となっているはずです。その気持ちを忘れずに、できれば邪念が出るたびにこの行動を行ってください。

残り半数の「うっし、儀式も済ませたし出る気がするわ!」という方。

いつもと違うことをすることで、少しだけリフレッシュできたと思いませんか?

気持ちを一新して、いつもとは違う視点で台を選ぶことでスランプから脱出できるかもしれませんよ?

 

負け続きは新発見のチャンス

低レートを打とうが神頼みをしようがとにかく負ける。

負けすぎて逆に入店と同時にすでにイライラしてるわ!という方。

もしかしてずっと同じホールで打ってませんか?

ちょっと裏の事情になりますが筆者はホルコン、遠隔の可能性をあえて否定しません。

というか、打っているあなた自信が「ふざけんな、これ遠隔だろ!」と思った時点で、その店には遠隔があるものとして立ち回ってください。

筐体の向こう側なんて客からは確認しようの無いブラックボックスなんですから、常にマイナスを想定して立ち回りましょう。

では、今回の「負けが続く」というパターンはどうでしょうか?

『もしかしたら』回収に入ってるのかもしれませんよ?

なので、ちょっとめんどくさいかもしれませんが、いつもとは別の店舗に行ってみてください。なんなら、客つきがあんまり良くない店でもかまいません。

むしろ、そういう店の方が掘り出し物の珍古台が残っていたりして楽しめるものです。

遠隔があると仮定して、客つきの悪い店が新規客を初っ端から大負けさせると思いますか?

 

それでも負け続ける時期もある

もうここまでやって駄目ならいっそ清清しいですね

逆に神様に気に入られてるのではないでしょうか。

もちろん貧乏神ですが。

ひたすら飲まれるだけが1ヶ月続く、今月はパチンコに悪夢に突き落とされてる、スロは天井直前までハマって当り、4通、単発はあたりまえ。

まぁ、そうは言っても、私にも経験があります。

なんだかんだとパチンコ、パチスロ歴はそれなりに長いですからね。

どうあがいても、なんともならない場合。

なんともなりません!

開き直ってひたすら打つか、一ヶ月パチンコを絶つか。そのどちらかです。

ちなみに前者を選択していい結果になったことは、ほぼありません。できるなら後者を選んでください。

パチ禁中にどうしても打ちに行きたくなった場合、近くのゲーセンへどうぞ。

最近は設定6の据え置きとかあるんで、タバコで例えるとパイポみたいな感じで楽しめますよ。

うまく行けばメダルをゲットして、メダルゲームも遊べる。まさに一石二鳥の作戦です。

 

おわりに

負けるときはひたすら負け、勝てるときはなにを打っても勝てる。

不思議なものですが、これがよ以外とよくあるんですよねぇパチンコって。

年に2,3回くらいないですか?

何を打っても速攻当たって、やべえパチンコ長簡単うひゃああああ!!な時期が。

これが実は曲者なんですよね~。

パチンコ=勝てる=簡単に儲かって楽しい、っていう方程式か気づかないうちに脳みそにインプットされちゃうんですよ。

なんで、あんまり勝ちすぎるのも考え物だと筆者は思ってます。

勝率6割くらいがいい塩梅なんじゃないでしょうかね。

くれぐれも、のめりこみには注意してくださいね。

それでは今回はこの辺で筆を置かせていただきまして、また次回、どこかの記事でお会いしましょう。

関連記事

いつまで、パチンコを続けるつもりですか?


パチンコ・パチスロは年々稼ぎにくくなっています。中規模のパチ屋はどんどんと潰れ、大手も経営に苦しんでいる状況です。さらに、カジノ法案が可決され日本にカジノが出来れば、パチンコは一気に衰退してしまうでしょう。


そうなる前に、次の稼ぎ方を身に着けておく必要があります。しかも、パチンコはかなりの重労働。


・朝から晩まで台の前に座って打ち続ける
・ときには、ご飯やトイレを我慢する
・タバコの煙や騒音にさらされ続ける
・データ収集に何時間もかかる
・いい台を探すため、何店舗も回る
・稼げたとしても月に数十万が限界



これだけの重労働をしても、思うように稼げないときもありますよね。

こんな状況から解放され、家にいながらローリスクで年収数千万以上を稼げるようになる方法があったら、知りたくないでしょうか?


私も過去6年間、パチンコ・パチスロにハマって、毎日、パチ屋に通っていました。開店3時間前から並び、閉店までいるなんてことは日常茶飯事でした。それでも、稼げた額は数十万で、ハイリスクの割には得られるリターンが少ない。


そんなことをいつまでも続けていられないと思って始めたのがインターネットを活用したビジネスでした。

パチンコに比べて、圧倒的ローリスク・ハイリターンですし、稼げる額は青天井。年収数千万、億以上を稼ぐ人たちも多く存在します。


私も月に30万以上を稼げるようになり、パチンコ・パチスロとは完全におさらば。安定的に稼げる仕組みを構築することができています。


あなたも数万、数十万と小さな額をハイリスクで稼ぐのではなく、数千万、億という金額をローリスクで手に入れましょう!まだライバルの少ない今がチャンスですので、即行動に移したほうが良いですよ!

→ 数千万、億という金額をローリスクで手に入れる!