もしあなたの友人や恋人がパチンコで負けて落ち込んでいる時に、かける言葉に迷ったことはありませんか?
顔面蒼白で嘆いているひとにかける言葉とはなんでしょうか。

言葉を間違えれば傷つけてしまいますし、言葉ひとつでその人を助けることも可能です。

 

受け止める方は弱りきって、耳に言葉が入っているのか入っていないのか分からない状況です。
私は思いきって突き放す言葉を掛けていましたが、あまり効果も無く、やはりその場面に合った最良の言葉というものがあるのだと思います。

パチンコは所詮ギャンブルであり、胴元が大きく勝つように出来ています。
しかし、打ち手側にも少しの勝つ確率があるので期待も大きくパチンコで勝負をして、期待も虚しく負けた金額に現実を感じこの世の終わりのような表情になってしまった事がある方も少なくはないはずです。

 

そこで今回は負けている人の心理から、かける言葉を考えていきましょう。

負けた人の心理とは?


負けるまでの心の流れといえば、1000円又は1万円札をサンドに初めて投入するときは勝てるビジョンが頭の中では繰り広げられているわけで、この後にやってくる大負けのことなんか頭の片隅にもありやしません。

 

1万円が無くなる頃、心の中では「そんな甘くねぇよな。。。」とさも心構えが出来ているかのような考えになります、勿論1万円を使いきったこの時点でもやってくる大負けには気づくはずもありません。

 

2万円がなくなった瞬間、勝ちにきたという気持ちを忘れ取り返すパチンコにシフトチェンジを始め、もし一緒にパチンコを打っている状況ならばそろそろ負けたときの言葉を考え始めても良いでしょう。

 

3人目の諭吉さんの消えた頃、こうなったらお札がプレイングチケットに見え始めていることでしょうが、まだまだいけると信じていることでしょう。
ひたひたと大負けの足音が聞こえてきたでしょう。

 

4枚目のプレイングチケットを消化したら、最早歯止めとはなんなのか分かりません。
しかし心の中では想定の範囲と言わんばかりの「所詮ギャンブルだよね」と自分を落ち着かせる言葉がかけめぐっていることでしょう。

 

5万円以降はもう青天井と化し、財布とサンドの往復は留まることをしりません。
パチンコを打っていることを後悔し、人生の勝負に負けたような感覚になります。
取り返すというよりは傷口を少しでも広げないように大当たりを獲得する為にパチンコを打ち続けるのですが、続けること自体が損失額の拡大に拍車を掛けるわけです。

もうこうなると財布だけでは足りなくなり、ATMなんかにもお世話になるでしょう。
使えるお金が限界をむかえたときにやっとで諦めを決意するわけですが、あとの祭りとはこの事で後悔と自責の念にかられた帰り道。

 

ここで大負けした当人にかける言葉とは一体何が正解なのか?
次で考察していきましょう。



大負けした人にかける言葉とは


この時に注意しなくちゃいけないのは、負けた人にお金を貸したり渡したらその人の為に一切なりません。
ご飯を奢るくらいがちょうど良いでしょう。

そして少しだけお金の大事さを教えてあげる事が大事です。

「負けたけど楽しかったなら良しとしよう!所詮パチンコだろ。」

「ホールに巻き上げられるのもほどほどにしないとね」

くらいの軽い言葉で十分です。
パチンコのせいでお金が無くなった自覚を如何に傷付けずに気づかせるのは、ほんの少しの言葉で十分なのです。
ただ、これが2回3回と続けてパチンコを打つ度に落ち込むようなら、はっきりと「パチンコ依存症なんじゃない?」と言ってあげると良いでしょう。

 

パチンコ依存症の人はパチンコ依存症ではないと心の中で否定することが初期症状です。
しっかりと自覚させてあげて、一緒に取り組んでいこうと声を掛けてあげましょう。
依存症となればしっかりとした治療が必要となりますし、家族や周囲の友人や恋人などの協力なしでは直せなくなります。
最初にかける言葉が優しくする理由としては、黙ってパチンコに行くことを防ぐためです。
パチンコの負けはパチンコで取り返すという思考になってしまうと、隠れてパチンコにいくようになり、周囲が気づかない内に症状が悪化していく傾向がおおく見られます。

あなたの周りの友人や家族がパチンコで負けて落ち込んでいたら、優しく言葉でけかけてあげてください。

最後に、、、


結局のところ、勝つ期待をしているから負けた時のショックの大きさに酷く精神がやられてしまうことが大きな要因です。
そんな簡単に勝てるものでもありませんし、ホール側も経営するのに必死な訳ですから勝たせる気なんて更々ないでしょう。

 

パチンコを楽しみたいなら負けるつもりで興じることが大事です。
自分を守る為にも負けて当たり前、勝ったらラッキー位で考える方が丁度いいでしょう。

折角楽しいパチンコを打つわけですから悲しい思いをしたくないですし、悲しい顔をしている人も見たくないですからね。

関連記事

いつまで、パチンコを続けるつもりですか?


パチンコ・パチスロは年々稼ぎにくくなっています。中規模のパチ屋はどんどんと潰れ、大手も経営に苦しんでいる状況です。さらに、カジノ法案が可決され日本にカジノが出来れば、パチンコは一気に衰退してしまうでしょう。


そうなる前に、次の稼ぎ方を身に着けておく必要があります。しかも、パチンコはかなりの重労働。


・朝から晩まで台の前に座って打ち続ける
・ときには、ご飯やトイレを我慢する
・タバコの煙や騒音にさらされ続ける
・データ収集に何時間もかかる
・いい台を探すため、何店舗も回る
・稼げたとしても月に数十万が限界



これだけの重労働をしても、思うように稼げないときもありますよね。

こんな状況から解放され、家にいながらローリスクで年収数千万以上を稼げるようになる方法があったら、知りたくないでしょうか?


私も過去6年間、パチンコ・パチスロにハマって、毎日、パチ屋に通っていました。開店3時間前から並び、閉店までいるなんてことは日常茶飯事でした。それでも、稼げた額は数十万で、ハイリスクの割には得られるリターンが少ない。


そんなことをいつまでも続けていられないと思って始めたのがインターネットを活用したビジネスでした。

パチンコに比べて、圧倒的ローリスク・ハイリターンですし、稼げる額は青天井。年収数千万、億以上を稼ぐ人たちも多く存在します。


私も月に30万以上を稼げるようになり、パチンコ・パチスロとは完全におさらば。安定的に稼げる仕組みを構築することができています。


あなたも数万、数十万と小さな額をハイリスクで稼ぐのではなく、数千万、億という金額をローリスクで手に入れましょう!まだライバルの少ない今がチャンスですので、即行動に移したほうが良いですよ!

→ 数千万、億という金額をローリスクで手に入れる!