パチスロ打ってて視界が歪んだりするくらい負けすぎたことはないですか?お恥ずかしい限りですが私は数えきれないくらいあります。

 

負けることはよくありますけど、負けすぎのレベルになると時空が歪むというか、体の力が入らなくて揺れてる感じになったり、吐き気をもよおす事もあります。

 

そんな日はどうやって負けているのか原因を考察するといくつかのパターンがあることがわかりました。合わせて傾向と対策も私の目線で考えてみたのでご参考にしていただけたらと思います。

 

必殺!乱れ打ち乱舞

 

負けが込み始めるとこのパターンに陥りやすいですね。立ち回りと呼ぶには程遠い乱れ打ち。色んな台に少額ずつ打ち込んでは、少しずつ負債が増えていく。

 

負債が負債を呼び、気付けば泥沼に浸かっている状態。ホールから出て晩御飯を食べてる頃には、自分がその日に打った台を全部思い出すのも難しいでしょう。

 

しかも、ひょっとしたら取り戻せるかもと後半はどんどん爆裂AT機なんかを打ってるので、自然と投資に拍車がかかり、10万越えも、、、そんな乱れ打ちはどうやったら止めれるのか。

 

手段としては、勝負する台を選ぶ時に確固たる根拠を見つけない限り手を出さない、というのが一番でないでしょうか。

 

もちろんその機種を打ちたいなんて理由は論外で、解析情報が不明な状況の新台なんかも打たない方が賢明ではないかと。

 

乱れ打って負けすぎてどうにかなる前に自分で歯止めを利かせましょう。

 



高設定挙動を信じて打ち過ぎる

 

パチスロを打っていると低設定なのに、高設定のような挙動をみせることも多々あります。なぜかREGが付いてくるジャグラー、初当たりがかるいAT機。

 

しかし、人が変われど変われどなぜか皆負けていく台。データだけを見ると高設定を疑わずにはいられないスランプグラフと合算値。

 

それを信じてひたすら回せど回せどメダルはでてこない。出ていくのは財布の中から諭吉と英世さんばかり。ストレスマックスでただただ自分に問いかけます。

 

「もしかして低設定?」

「いやいや、自分を信じて打ちきろう」

 

信じるものは足掬われるとは、どこかの金融漫画で見たことがあるセリフですが、自分を信じず、今目の前に起こってることに手を止めて、ちゃんと設定推測をするしかないです。

 

設定判別や設定推測は場数を踏むしかないです。自分なりの感覚で高設定と決めつけては負けすぎてしまいます。それでも期待値の高い高設定と判断したならば打ちきってもいいかと思います。

 

高設定なのに、、、

 

どう考えても高設定、もしくは高設定確定演出がでたのに負け続けるパターン。

 

わたしも、ガッチャマンの推定設定6で10万以上の敗けを2日連続でしでかしたり、最近だとまどマギ2で設定5、6確定画面が出現したのに8万やられました。

 

高設定ですので、無論打ち続けなければいけません。

 

正直ゲロ吐きそうにもなります。パチスロ台は非情なもので慰めてはくれません。ホントにこのまま打ち続けていいのだろうか、なんて考えになるとおもいます。

 

ハッキリ言います。

打っていいんです。

 

高設定が確定しているということが確固たる根拠であり、目を背けてはいけません。負けすぎている人が良く言う言葉ですが、今日の負けは明日の勝ち。

 

期待値は稼ぎまくっているはずなので、どういう形にしろ自分に返ってきますよ。それを信じられなければ、負け組、いや、負けすぎ組のままになりますよ。

 

パチプロは回る期待値の高い台をひたすら回すスロプロは期待値の高い高設定をひたすら追っかける。勝っている人がそうしているので、同じことをすればいいだけですね。

 

ホール選びから失敗している

 

ホールは時に残酷です。ホールにある、パチスロ台もれなく全台オール1、、、なんてこともあります。所謂ボッタ店や売り上げが伸びず鬼のような回収を仕掛けてくるホールもあります。

 

ただ、こんなホールは少ない訳じゃありません。

 

台に規制がかかり、出玉も見せれない昨今の機種達。拍車をかけるように、演出や版権や役物などの設置過多により高騰する筐体の値段。

 

このような状況では回収メインのホールが多くなるのも頷けます。皆が口を揃えて厳しい時代になったというのはこれらが原因なのは間違いないです。

 

そんな御時世でもやる気のあるホールはあります。活気に溢れたホール、常連やプロらしき連中が常駐するホール。この辺りがやるきのあるホールでないでしょうか。

 

台選び、設定推測からの高設定をゲットするなんてのも、そもそもホールの中に高設定が無ければ意味を成さないですからね。しっかり店の雰囲気を察知していきましょう。

 

最後に、

負けすぎて凹んだ時こそ、なぜ負けたのかしっかり振り返ることが大事であり、その日に何を打ったのか思い出せないような乱れ打ちを避けましょう。

 

負けすぎて使っちゃいけないお金に手を出したりしないように、少しでも勝ち組になっていきたいものです。

関連記事

いつまで、パチンコを続けるつもりですか?


パチンコ・パチスロは年々稼ぎにくくなっています。中規模のパチ屋はどんどんと潰れ、大手も経営に苦しんでいる状況です。さらに、カジノ法案が可決され日本にカジノが出来れば、パチンコは一気に衰退してしまうでしょう。


そうなる前に、次の稼ぎ方を身に着けておく必要があります。しかも、パチンコはかなりの重労働。


・朝から晩まで台の前に座って打ち続ける
・ときには、ご飯やトイレを我慢する
・タバコの煙や騒音にさらされ続ける
・データ収集に何時間もかかる
・いい台を探すため、何店舗も回る
・稼げたとしても月に数十万が限界



これだけの重労働をしても、思うように稼げないときもありますよね。

こんな状況から解放され、家にいながらローリスクで年収数千万以上を稼げるようになる方法があったら、知りたくないでしょうか?


私も過去6年間、パチンコ・パチスロにハマって、毎日、パチ屋に通っていました。開店3時間前から並び、閉店までいるなんてことは日常茶飯事でした。それでも、稼げた額は数十万で、ハイリスクの割には得られるリターンが少ない。


そんなことをいつまでも続けていられないと思って始めたのがインターネットを活用したビジネスでした。

パチンコに比べて、圧倒的ローリスク・ハイリターンですし、稼げる額は青天井。年収数千万、億以上を稼ぐ人たちも多く存在します。


私も月に30万以上を稼げるようになり、パチンコ・パチスロとは完全におさらば。安定的に稼げる仕組みを構築することができています。


あなたも数万、数十万と小さな額をハイリスクで稼ぐのではなく、数千万、億という金額をローリスクで手に入れましょう!まだライバルの少ない今がチャンスですので、即行動に移したほうが良いですよ!

→ 数千万、億という金額をローリスクで手に入れる!