パチスロ打ってて視界が歪んだりするくらい負けすぎたことはないですか?お恥ずかしい限りですが私は数えきれないくらいあります。

 

負けることはよくありますけど、負けすぎのレベルになると時空が歪むというか、体の力が入らなくて揺れてる感じになったり、吐き気をもよおす事もあります。

 

そんな日はどうやって負けているのか原因を考察するといくつかのパターンがあることがわかりました。合わせて傾向と対策も私の目線で考えてみたのでご参考にしていただけたらと思います。

 

必殺!乱れ打ち乱舞

 

負けが込み始めるとこのパターンに陥りやすいですね。立ち回りと呼ぶには程遠い乱れ打ち。色んな台に少額ずつ打ち込んでは、少しずつ負債が増えていく。

 

負債が負債を呼び、気付けば泥沼に浸かっている状態。ホールから出て晩御飯を食べてる頃には、自分がその日に打った台を全部思い出すのも難しいでしょう。

 

しかも、ひょっとしたら取り戻せるかもと後半はどんどん爆裂AT機なんかを打ってるので、自然と投資に拍車がかかり、10万越えも、、、そんな乱れ打ちはどうやったら止めれるのか。

 

手段としては、勝負する台を選ぶ時に確固たる根拠を見つけない限り手を出さない、というのが一番でないでしょうか。

 

もちろんその機種を打ちたいなんて理由は論外で、解析情報が不明な状況の新台なんかも打たない方が賢明ではないかと。

 

乱れ打って負けすぎてどうにかなる前に自分で歯止めを利かせましょう。

 

こんなことに悩んでいませんか?


・残業ばかりの毎日にうんざり...
・満員電車での通勤が嫌だ...
・上司に怒られたくない
・車や家のローン返済が大変...
・いずれは起業したい!
・たまには旅行に行きたい!
・迷惑をかけてきた親に、親孝行したい!



私もこのような悩みや夢を持っていたのですが、インターネットを活用したビジネスに出会うことで、全て実現させることができました!

最近は顔出し不要・声出し不要でYouTubeで稼ぐ手法が話題になってきて、個人の力で収入を得ていく新しい働き方が増えつつあります。

あなたがこの記事を読んでいる間にも、どんどんとライバルが増えている状況ですので、現状を打破して、思い描く素敵な未来を手にしたいのであれば、今すぐに行動しましょう!

LINE@に登録頂くと個別で全貌を公開していきます。
※更に先着順100名で、YouTube攻略マル秘PDFもプレゼント中!

 友だち追加

高設定挙動を信じて打ち過ぎる

 

パチスロを打っていると低設定なのに、高設定のような挙動をみせることも多々あります。なぜかREGが付いてくるジャグラー、初当たりがかるいAT機。

 

しかし、人が変われど変われどなぜか皆負けていく台。データだけを見ると高設定を疑わずにはいられないスランプグラフと合算値。

 

それを信じてひたすら回せど回せどメダルはでてこない。出ていくのは財布の中から諭吉と英世さんばかり。ストレスマックスでただただ自分に問いかけます。

 

「もしかして低設定?」

「いやいや、自分を信じて打ちきろう」

 

信じるものは足掬われるとは、どこかの金融漫画で見たことがあるセリフですが、自分を信じず、今目の前に起こってることに手を止めて、ちゃんと設定推測をするしかないです。

 

設定判別や設定推測は場数を踏むしかないです。自分なりの感覚で高設定と決めつけては負けすぎてしまいます。それでも期待値の高い高設定と判断したならば打ちきってもいいかと思います。

 

高設定なのに、、、

 

どう考えても高設定、もしくは高設定確定演出がでたのに負け続けるパターン。

 

わたしも、ガッチャマンの推定設定6で10万以上の敗けを2日連続でしでかしたり、最近だとまどマギ2で設定5、6確定画面が出現したのに8万やられました。

 

高設定ですので、無論打ち続けなければいけません。

 

正直ゲロ吐きそうにもなります。パチスロ台は非情なもので慰めてはくれません。ホントにこのまま打ち続けていいのだろうか、なんて考えになるとおもいます。

 

ハッキリ言います。

打っていいんです。

 

高設定が確定しているということが確固たる根拠であり、目を背けてはいけません。負けすぎている人が良く言う言葉ですが、今日の負けは明日の勝ち。

 

期待値は稼ぎまくっているはずなので、どういう形にしろ自分に返ってきますよ。それを信じられなければ、負け組、いや、負けすぎ組のままになりますよ。

 

パチプロは回る期待値の高い台をひたすら回すスロプロは期待値の高い高設定をひたすら追っかける。勝っている人がそうしているので、同じことをすればいいだけですね。

 

ホール選びから失敗している

 

ホールは時に残酷です。ホールにある、パチスロ台もれなく全台オール1、、、なんてこともあります。所謂ボッタ店や売り上げが伸びず鬼のような回収を仕掛けてくるホールもあります。

 

ただ、こんなホールは少ない訳じゃありません。

 

台に規制がかかり、出玉も見せれない昨今の機種達。拍車をかけるように、演出や版権や役物などの設置過多により高騰する筐体の値段。

 

このような状況では回収メインのホールが多くなるのも頷けます。皆が口を揃えて厳しい時代になったというのはこれらが原因なのは間違いないです。

 

そんな御時世でもやる気のあるホールはあります。活気に溢れたホール、常連やプロらしき連中が常駐するホール。この辺りがやるきのあるホールでないでしょうか。

 

台選び、設定推測からの高設定をゲットするなんてのも、そもそもホールの中に高設定が無ければ意味を成さないですからね。しっかり店の雰囲気を察知していきましょう。

 

パチンコ・パチスロで負けた人のリアルな声!

パチンコやパチスロで負けた人のリアルな声をご紹介していきます。

20代 男性

パチンコやパチスロは今までしたことなかったのですが、人生経験として一度やってみたいと思い友人に連れて行ってもらいました。パチスロの方が分かりやすいと思ったので、パチスロに挑戦してみました。千円、2千円と入れていき、たまに当たりそうな演出は何回かありましたがすぐに終わってしまい、それが4〜5回続きました。

隣で同じくパチスロをやっている友人に「大丈夫!次の演出で当たるわ!」と言われ、信じて続行。気づけば5千円入れてました。そして最後に今までよりも派手な演出が起こりました。やっと勝ったと確信したのもつかの間、すぐに通常ゲームに戻ってしまいました。さすがに当たらないと思ったので、5千円分を消化したところで諦めました。

2時間も経たないうちに5千円が消えました。この日初めてパチスロをやったのですが、こんな簡単に5千円無くなるのかと後悔したのを覚えています。もう一生パチスロはやらないと決めました。

 

40代男性

私自身今定職に就いていないのでお金はあまり持っていないのに時間だけはあるからパチンコで時間を潰す事はたまにある。
勝ちたいという欲とお金を増やしたいという欲はあるのに根はチキンだから単価の高い4円のパチンコは手を出さずあくまで1円パチンコでもう10年近くこのスタイルでダラダラとやっている。

スマホや雑誌の情報で事前に調べてそれなりに対策はしているつもりだが、元々引き弱虫が私に何年も取り憑いているので勝負所で読みの裏ばかりつかれて年間の勝率はいつもだいたい四分六で負けている。負けた時の家路に着くまでの自転車を漕ぐ時なんて重いのだろうといつも思うのに寝るとその後悔はさっぱりなくなって同じように通ってまた同じように勝負所で失敗しての繰り返し。

額だけなら私より酷い人は多分かなりいてると思うのだが、読みの甘さと引き弱虫がいるくらいの引きの弱さは多分かなりの上位にランクインしていると勝手に思っている。でも中々やめられない悲しい私がいます。

 

20代 男性

私は元々5年以上前にどっぷりとパチンコ・パチスロにハマっており、パチンコであれば初代牙狼、スロットは5号機初期の頃に散々打ち散らかしており、パチンコ・パチスロが原因で消費者金融に生活費を借りた事のある経験もあります。

そういった苦い経験から私がパチンコ・パチスロを辞めて5年近く経った2016年7月。

友人と遊んでいる時に「久々にパチンコやらない?」と言われ、「ちょっとならいっか〜」と思い、再びパチンコ屋に足を踏み入れてしまいました。

結果的に私はその日、当時よりも遥かに進化したギミックや超美麗な映像の数々、脳汁が飛び出る程に刺激を誘う大迫力・大音量の演出達に再び心を奪われてしまいました。私はその日から7、8月と夏ど真ん中の時期に友人達からのレジャーの誘いなどは全て断り、時間を見つけてはすぐにパチンコ屋に駆け込んでおり、2ヶ月足らずの間に30万以上ものお金を失ってしまいました。

夏の終わりにSNSで友人達が楽しそうにBBQや海で遊んでいる姿を見て、「もう辞めよう…」と再びやめることを決意しました。夏の思い出が全部パチンコ・パチスロになってしまった寂しい経験です。

 

20代 男性

ずっとギャンブルをやったことがなかったが、友達に誘われついて行く事にした。やり方も分からずだったか、ビギナーズラックなのか勝ってしまった。それからスロットをするようになり、勝った負けたを繰り返してました。

ある日またスロットを打ちに行き三万くらい使って、出たり出なかったりを繰り返して全部のまれた時に追い銭しまくったら家賃分を使い果たし終わった。その月は、家賃滞納し次の月に家賃二ヶ月分入れて生活が、大変だった。

しばらくは、スロットは、回さない誓いをたてましたがどうだろう。世の中、もっと負けたりしてる人もいるんだなと考え少し怖くなりましたね。臨時でお金が入ったら遊ぶ程度になら打ちに行くかもしれないな。

 

30代 女性

パチンコで負けた金額は3万円です。値段を見ると3万円ぐらいといわれると安いと思われるかもしれませんが私にとって大変悲しい出来事でした。パチンコをあまりおしないのですがあるときに1度してみようと思い初めてパチンコのお店に入りました。

全然操作の仕方もわからなくてお札を入れるのも戸惑っていると隣のおじさんがここだよここといわれて教えてくださいました。お財布には3万5千円入っていました。その金額でテーブルを買おうとしていたのですがちょっとだけ時間があったので行き少しだけ遊んでみようと挑戦したことがまさかの3万円使ってしまいました。

パチンコは、はまるとすごい金額を使ってしまうと知り合いから聞いてはいたのですが、まさか自分がはまるとは思わずに使った後は本当にショックでした。

 

20代 男性

昨年はパチンコ、スロットとともに新基準機への移行があり、ある程度は負け額も減るだろうと思っていました。しかし、現実はそんなに甘くありませんでした。

私はほとんどパチンコしか打たないのですが、大当たり確率の上限が319分の1になり、継続率も65%までになったことにより、初当たりを取れても連チャンしないことから負けることのほうが多くなりました。

マックス台がある頃は5万円負けていても一撃で取り返せるチャンスはありましたが、新基準機になってからはそのようなチャンスはなくなり、負ける一方になっていきました。具体的にどのくらい負けたかは覚えていませんが、半年間で50万円ほど負けたと思います。適当に楽しむ娯楽のはずがとんでもないギャンブルになってしまったなと痛感しています。

 

30代 女性

デートでよくスロットに行くようになりました。最初はペアシートで目押しなどを教えてもらい、慣れてからは自分で台を選ぶようになりました。そのうちコイン共有ができるお店でスロットを打つことが多くなり、彼氏とコインを共有しながら楽しんでいましたが、なぜか私にはBIGがこない。BARばかり。

そして彼氏のコインをどんどん使ってしまい、いつしか彼氏からは「コイン食い」と呼ばれるようになってしまいました。たまには勝つんですが、やはり7割は負けます。

お店を出て銀行でお金を下ろしてまたお店へ戻っている…なんて事もしょっちゅうで、私も勝つまで帰れない!くそー!という気持ちが膨らむばかりです。勝った時の喜びと幸せホルモンを体が覚えている間は、負けても負けても通ってしまうのでしょうね。

 

40代 女性

パチンコ、パチスロはハマりすぎると簡単に人生崩壊します。20代後半の頃ですが、彼氏とともにパチンコにハマり、稼いだお金のほとんどをパチンコにつぎ込んでいました。

ほどなくしてパチンコでは飽き足らず、パチスロにハマるようになりました。お金のなくなり方がえげつなく、消費者金融数社から借り入れをするように。

最初のうちは勝ったお金を返していましたが、だんだん勝ったお金を次の軍資金にするようになって、
最終的には彼氏と二人で債務整理をしました。20代でよかったですけど、子供がいたり老人になってからハマったら結構悲惨な事になるんじゃないかと思います。

当時はパチスロ北斗の拳がめちゃくちゃ面白くて、本当に罪だよなと思っています。今はその当時の失敗があって全く興味もありませんが。

 

20代 男性

正直パチンコに買ったことがないかもな話。

パチンコはどの街にもあるかもしれません。

 

パチンコのプロも世の中にはいるかもしれません。
ただ圧倒的に多いのは負けている人だと思います。

僕含め。。。

かつてパチンコに月に5万円ほど入れていました。

 

年間にすると60万円。

もちろん、入って7万円を一回で稼いだこともあります。
10万円を稼いだこともあります。
ただ何故か裕福な暮らしにはなっていません。

 

つまり、大幅には勝っていませんよね。
パチンコで億万長者になった人がいますか?

パチンコで勝った金で家を買った人がいますか?

 

それをよくよく考えるとトータル結局負けているんだろうなと思います。
パチンコをする時間を
パチンコよりももっとお金を増やすことに専念すべきでした。

 

30代 男性

社会人になってから一人暮らしを始めたばかりに生活費をパチスロに突っ込んだことがあります。
設定は良さそうだったのでいつか出ると思って不安になりながらもずっとお金を入れ続けていました。全く当たらないというわけではなくて当たったらそのメダルを突っ込んでお金を買い足し、これの繰り返しでした。

昔はイベント告知もよくしていたため自分の打っている台は高設定とアナウンスがありました。周りの目もあり余計にやめることが出来なくなり、半分やけくそにもなりどんどんお金を入れ続けました。財布の中にも無くなったのでATMにも行きお金を引き出して打ち続けました。気がつくと10万円使っていました。

給料日から3日ほどしかたっていなくてその月の生活費も使いきってしまいました。親に言ってその月の生活費を送ってくれましたがもうパチンコはやりません。

 

最後に、

負けすぎて凹んだ時こそ、なぜ負けたのかしっかり振り返ることが大事であり、その日に何を打ったのか思い出せないような乱れ打ちを避けましょう。

 

負けすぎて使っちゃいけないお金に手を出したりしないように、少しでも勝ち組になっていきたいものです。

最近は顔出し不要・声出し不要でYouTubeで稼ぐ手法が話題になってきて、個人の力で収入を得ていく新しい働き方が増えつつあります。

あなたがこの記事を読んでいる間にも、どんどんとライバルが増えている状況ですので、現状を打破して、思い描く素敵な未来を手にしたいのであれば、今すぐに行動しましょう!

LINE@に登録頂くと個別で全貌を公開していきます。
※更に先着順100名で、YouTube攻略マル秘PDFもプレゼント中!

 友だち追加